■プロフィール

景州

Author:景州
出身地:長野県
年齢:三十路
趣味:スキー、野球、読書(特に司馬遼太郎)、飲酒(最近は専らビールを嗜みます)
2007年より妻と共にウィーン駐在員生活スタート
2009年に長男誕生
2013年現在、ウィーン生活もとうとう7年目に突入

■カウンター

■FC2ブログランキング
■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スイス 鉄道の旅 ~その4~
スイス旅行4日目。

早朝、ツェルマットの街をひとりで散策しました。

約10年前のスキー旅行の際に宿泊したホテル「ホリデー」を訪れてみました。
13091001
10年前の思い出がにわかによみがえってきました。

ゴルナグラード鉄道に乗って山を登りました。
13091002

ところが、この日はあいにくの雨模様。
残念ながらツェルマットの全容を眺めることができませんでした。
13091003

13091004

13091006

山の上は寒いうえに強風。
13091005
早々に下山してきました。


10年ほど前に見たツェルマットは本当にきれいで感動しました。
その感動を家族にも味あわせてあげたかったのですが、残念ながら今回そのチャンスは訪れませんでした。
またいつかもう一度訪れてみたいと思います。


追記
スイスは物価が高くて驚きました。
それと日本人観光客の多さにもびっくりしました。

スポンサーサイト
スイス | 04:15:32 | Trackback(0) | Comments(0)
スイス 鉄道の旅 ~その3~
旅行3日目

この日はサンモリッツからツェルマットに向かいます。
世界遺産のルートを氷河特急で行く8時間半の旅です。
13090602

9時15分、私たち三人および多数の観光客を乗せた氷河特急がサンモリッツを出発です。
13090601

大きな窓で、景色を堪能できます。
13090604

13090603

お昼ご飯は座席まで運んでくれます。
13090605
リッチな気分を味わえました。

ハイジの世界が広がります。
13090606

13090607

相席になったチューリッヒから来たおじさんが息子と遊んでくれました。
13090608

夕方、ツェルマットに到着しました。
食事の時間が長かったり風景を堪能したおかげか、8時間半という感じがしませんでした。
13090609

ちなみに、私はツェルマットを訪れたのは2回目になります。
1度目はおよそ11年前の冬、当時独身貴族だった私はスキーをしに来ました。

ホテルの部屋からマッターホルンが見えました。
13090610
が、残念ながら山頂部のみが雲に隠れて見えませんでした。
残念。

ところで、噂には聞いていましたが夏場のツェルマットは「ここは外国人が多い日本か?」と見まごうばかりに日本人観光客だらけでした。
驚きました。


その4に続く。

スイス | 03:26:58 | Trackback(0) | Comments(0)
スイス 鉄道の旅 ~その2~
二日目

この日はベルニナ特急に乗り、イタリアのティラノまで日帰り遠足をしました。

風景を堪能できるよう、客室にはとても大きい窓が設けられていました。
13090507

雄大なアルプスの風景が広がっていました。
13090508

13090509

13090510

途中駅のアルププリュム
13090511
ここにも片仮名で駅名が記されていました。

車内販売のカートと共に登場したカプリコーン。
13090512
名物らしいのですが、かなりリアルで可愛くありません。

およそ2時間半で終着駅ティラノに到着です。
13090513

ティラノは小さな街で、特別観光するようなところは見当たりませんでした。
お昼ご飯を食べながら帰りの電車が出発するまでの2時間弱の時間をつぶします。
13090514

帰りは普通電車でサンモリッツに向かいます。
13090515
思わず「世界の車窓から」のテーマ曲を口ずさんでしまいそうな景色が続きます。

坊ちゃん、お昼寝中・・・・
13090516

・・・・復活!
13090517

天気に恵まれました。
13090518


その3へ続く。

スイス | 04:15:41 | Trackback(0) | Comments(0)
スイス 鉄道の旅 ~その1~
今年の夏休みはスイス鉄道の4泊5日の旅を敢行してきました。

第一日目

ウィーンから飛行機でチューリッヒへ。
飛行時間は1時間ちょっと。
あっという間に到着です。

まずはチューリッヒから鉄道でサンモリッツに向かいました。

車窓の外にはハイジの風景が広がっていました。
13090503

こんなスリリングな場所も通りました。
13090502

近頃成長著しい我らが息子は、車窓の風景ではなく電車の連結部に興味があるようでした。
13090501

およそ4時間かけてサンモリッツに到着しました。
13090506
・・・・どれだけ日本人観光客が多いのでしょう・・・。

駅からはきれいなアルプスの風景を望むことができました。
13090505


その2に続く。

スイス | 03:45:09 | Trackback(0) | Comments(0)
4歳の誕生日会 in 幼稚園
息子の通う幼稚園で、息子の誕生日会がありました。

この幼稚園は、誕生日会の際に親がケーキを持っていき、それを他の園児達にふるまうというものです。
そしてその誕生日会には誕生日の迎えた園児の親も出席して良いのです。

妻もいつも以上に気合を入れてケーキを作りました。

まずは先生が、息子はいつ生まれたのか、何歳になったのか、どこの国で生まれたのか、ということ等を、園児たちに分かりやすく説明してくれます。
13072704

その後、みんなでハッピーバースデートゥーユーの歌を歌ってくれ、それに対し息子が歌でお礼をします。
その際、英語で歌を歌っている息子の姿に驚きと感動を味わいました。

それが終わると息子がみんなにケーキを振る舞います。
13072705

普段幼稚園での生活をうかがい知ることの出来ない私としては、大変貴重な体験でした。

それにしても何やら英語でやり取りしている息子・・・本当に驚きました。
子供ってすごいです。

息子 | 05:35:56 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。